猫の腎臓病の腎臓移植をする際の成功率と危険性について

| コメント(0)

腎移植はメジャーではありませんが、猫 腎臓病の治療方法の一つとして知られています。現在手術を行っている病院は少なく、さらに手術を行うためには様々な条件をクリアしなければいけないわけですが、腎臓病を患った猫ちゃんがこの手術を受けることで生存率はどれほどのものになるのでしょうか?

調べてみたところ、腎臓手術を行った猫ちゃんの3年後の生存率は、5割ほどと言われています。多くの場合、慢性腎不全を発症した猫ちゃんの寿命は、長くとも1年とされていることを考えると、期待できる生存率かと思います。ですが、移植をしたあとには以下ような合併症を引き起こす可能性もあります。

■感染症
移植の際に利用する薬剤によって、免疫力が弱まり感染症を引き起こす可能性があります。その結果、食欲不振、発熱などの風邪のような症状が現れ、移植後の猫ちゃんの体を蝕んでいきます。

■拒絶反応
移植された腎臓が猫ちゃんに適合しなかったために起こる合併症です。拒絶反応を起こした場合は、腎臓が上手く働かなることもあります。

これらの合併症が引き起こされた際、最悪死に至る可能性がありますので、移植手術を行いたいと考えられている飼い主さんは、こうした合併症の危険も考慮する必要があるでしょう。

コメントする

このブログ記事について

このページは、webmasterが2014年4月16日 18:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「猫ちゃんが腎臓病を発症する原因は」です。

次のブログ記事は「猫の腎臓病と闘うために大切な事」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2