猫の腎臓病と闘うために大切な事

| コメント(0)

大事な家族の一員である、愛猫ちゃん。そんな猫ちゃんが腎臓病を発症した場合、このようなことに気を付けてください。

■まずは落ち着く
獣医の先生に伺ったところ次のようなことをおっしゃられていました。腎臓病と診断された飼い主さんの多くは、その場で泣き崩れる方がほとんどなのだそうです。皆さん、腎臓病の恐ろしさをわかっているからこその反応ですし、気持ちはお察しします。ですが、これから猫ちゃんと共に腎臓病と立ち向かっていかなくてはいけない以上、猫ちゃんの前で涙を見せてはいけません。まずは落ち着いて、今後どのような治療を行っていくかを相談しましょう。

■そっとしておく
腎臓病にかかると体力が落ちるため、猫ちゃんはほとんど寝ているようになる子が多いでしょう。その時の心配な気持ちはわかりますが、何度も起こしたり、必要以上にスキンシップを取ってはいけません。その行為が病状を悪化させる原因にもなりかねませんので、どこにいるかがわかっているのであれば、そっとしておいてあげることが大切でしょう。

■薬などを欠かさない
腎臓病のお薬を病院で処方された場合、必ず用法用量を守って、忘れずに服用させてあげて下さい。一度でも忘れてしまうと、病状が一気に悪化するようなことにもなりかねません。

猫 腎臓病と闘って行くためにも、飼い主さんがしっかりとしなければいけませんよ。

コメントする

このブログ記事について

このページは、webmasterが2014年4月16日 18:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「猫の腎臓病の腎臓移植をする際の成功率と危険性について」です。

次のブログ記事は「猫の腎臓病の腎臓移植をする際の検査一覧」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2