猫ちゃんが腎臓病を発症する原因は

| コメント(0)

お年寄りの猫ちゃんの死亡原因上位にくると言われるほどの病気、猫の腎臓病。この猫ちゃんの腎臓病ですが、一体なぜ、猫ちゃんは腎臓に病を抱えてしまうほど腎臓を弱らせてしまうのでしょうか?

猫ちゃんの腎臓を弱らせる原因は、いくつか考えられます。

■人間と同じ食事を与える
キャットフードなど、猫ちゃんのご飯を食べたことがある方はご存知かもしれませんが、猫ちゃん用のご飯は、味がほとんどしなかったり、味覚的に合わなかったりと私たちにとってあまり美味しいものとは言えません。ですが、それが猫ちゃんにとっては最適な塩分量やカロリーであり、食べやすい食事なのです。人間のご飯に味をしめた猫ちゃんはおねだりをしてくることもありますが、与え続けると猫ちゃんの腎臓だけではなく、体にも被害が及ぶ可能性があります。

■老化
年を重ねれば内臓も老化していきます。年齢と共に衰えていくことは仕方がないことですので、出来る事なら何が起こってもすぐに対処できるように、飼い主さんは猫ちゃんの様子を注意深くチェックしてあげて下さい。

意識していないだけで、もしかしたらあなたが今行っていることは、猫ちゃんの腎臓を傷めつけているかもしれません。猫 腎臓病は少しずつ猫ちゃんの体を蝕んでいき、最終的には腎臓の機能が著しく低下してしまう、"慢性腎不全"と呼ばれる病気にも発展しかねません。猫ちゃんを腎臓病から守るためにも、飼い主さんの日頃のケアは欠かせないものになってくるでしょう。

コメントする

このブログ記事について

このページは、webmasterが2014年4月16日 17:32に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「猫の腎臓病の腎臓移植をする際の成功率と危険性について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2